代謝の乱れもまた、大人ニキビを発症させます。
少なからず美容に関心があるかたでしたら、「代謝」という言葉は聞いたことがあると思います。

 

お肌の場合には、とくに「ターンオーバー」という言葉を使うことが多いですが、こちらならご存じでしょうか。
代謝もターンオーバーも、新陳代謝のサイクルの事を言います。

 

お肌の新陳代謝とは、新しい細胞がどんどん生まれてくると同時に、古い細胞が剥がれ落ちてゆくことを言いますが、この自然な身体のシステムが衰えてきますと、古い細胞がなかなか剥がれ落ちずに、新しい細胞も出来にくいということになります。

 

新しい細胞が作られなければ、皮膚が生まれ変わってくれないということですから、古い角質によって毛穴は徐々に狭まって詰まり、ニキビも出来やすく、治りにくく、さらにはニキビ跡も残りやすくなってしまうという最悪の結果になります。

 

ところが、ターンオーバーは早すぎてもいけません。
まだ皮膚の表面に出てきてはいけない未熟な細胞が出てきてしまいますと、お肌は敏感肌などになってしまうのです。
大人の女性のターンオーバーは、基本的に28日と言われますが、これは聞いたことがあるかと思います。

 

しかし、どなたでも28日というわけではなく、個人差があります。
そして、基本的には年齢を重ねるほどターンオーバーの期間は長くなってゆきます。

 

間違ったスキンケアなどにより、期間が短くなることもあります。
ターンオーバーが乱れているために大人ニキビが出来るのだとすれば、その治し方は代謝を正常にすることです。
どうしたら正常になるのか。

 

ここでもやはり、規則正しい生活習慣を身に着けることです。
とくに睡眠時間は充分に取ってください。

 

食生活もバランス良くを心がけ、顔を洗いすぎなどの間違ったスキンケアも止めることですね。
大人ニキビの治し方そのものは比較的容易であるのですが、それを実行できないかたが多いようです。